News トピックス エコマンション・エコ住宅

太陽熱パネルを設置した分譲マンション「ザ・レジデンス千歳船橋」

更新日:

大和ハウス工業、三井不動産レジデンシャル、長谷工コーポレーションは都内で初めて太陽熱パネルを利用した環境配慮型分譲マンション「ザ・レジデンス千歳船橋」(総戸数282戸・185戸)を発売する。

■大規模太陽熱パネル(約658㎡)を設置

太陽光発電を活用し、共用部の電気を賄う物件は増えてきたが、太陽熱を利用したマンションは珍しい。しかも今回の仕組みは、太陽熱を「住棟セントラルヒーティングシステム」に活用する。これは太陽熱で温めた熱媒体を各住戸の給湯および床暖房に使うというもの。

■光熱費の削減

さらに電力とガスを一括購入することで居住者へスケールメリットの還元も図る。大和ハウス工業では07年7月に分譲した「D'グラフォート レイクタウン」において、約950㎡の大規模太陽熱パネルの導入実績がある。

本日の記者発表の模様。

「ザ・レジデンス千歳船橋」竣工内覧会の様子

-News トピックス, エコマンション・エコ住宅
-, , , , , ,

Copyright© 住宅ブランドの実際 , 2019 All Rights Reserved.