ブログ

CD管にLANケーブルを通す

投稿日:

たったそれだけのことなのに、どれだけ時間を費やしたことか。事のはじまりはあらかじめCD管に入っていた針金でプラグ付きLANケーブルの引上げをしくじったことにある。頑丈にくくりつけたものの、通りが悪く目一杯ひっぱたらはずれてしまった。カラになった管。何か呼び込み線のようなものを通さなければならない。たった一回のために専門業者が使う「通線ワイヤー」を買うのはどうかと思ったのが、そのせこさが次の失敗を誘う。ピアノ線なら安くできそうだと遠出までして買ったはいいが、やってみたらコイル形状がとれず15mもたなかった(出口まで届かず)。結局ハンズで教えてもらい「プラリーダー」(ジェフコム)という通線ワイヤーを購入。5分とかからなかった。たぶんこれが一番素人向きだろう。

また今回わかっったのだが、LANケーブルもいろんな種類があって、いまは薄くて細い(稲庭うどんくらい)プラグも小ぶりなものが売っている。はじめからそれを
使っていれば、針金で失敗することもおそらくなかった。そもそもCD管はプラグ付きのLANケーブルを通すことを想定してない。

-ブログ

Copyright© 住宅ブランドの実際 , 2019 All Rights Reserved.