News トピックス モデル見学・竣工内覧会

SKYZ TOWER&GARDEN(スカイズ タワー&ガーデン)、その地盤と構造

2013/06/05

002-001本日、江東区豊洲の分譲マンション「SKYZ TOWER&GARDEN(スカイズ タワー&ガーデン)」記者発表会がモデルルームにて行われた。同物件は総戸数1,110戸、大手デベロッパー6社の共同事業である。坪単価は@250万円台、最多価格帯は5,500万円台(70㎡台)予定。今週末(6/8)からモデルルームがオープンする。

「SKYZ TOWER&GARDEN(スカイズ タワー&ガーデン)」は、地上44階建て、トライスター型のタワーマンションである。交通アクセスは有楽町線「豊洲」駅から徒歩12分、ゆりかもめ「新豊洲」駅徒歩5分。豊洲までの道程は、ゆりかもめの高架脇をひたすら行くこととなる。担当者も「歩いているとゆりかもめに抜かれるので実際は新豊洲を使うことになるのでは」(三井不動産レジデンシャル)と予測していた。

事業主の発表によれば、主な特徴は6点。①大手6社の大規模プロジェクト、②デザイン性に優れた地上150mのトライスタータワー、③外観、共用デザイン、④地中熱利用などエコ対策、⑤免制震システムなど防災対策、⑥天井高2.6m(最上階のみ3.0m)など快適な住空間。このなかから、⑤の免制振構造と地盤に焦点をあてて解説する。

基礎杭は地下58m、84本。「東京の地盤(Web版)」(東京都土木技術支援・人材育成センター)では、現地の柱状図は確認できないが、周辺のデータを見ると地下10数メートルまではN値一桁が多いようだ。地震ハザードステーションでは表層地盤増幅率が「2.26」。特に揺れやすいエリア。微地形区分は埋立地である。

設計・施工の清水建設はこの軟弱な地盤に対して、免震と制振を組み合わせた「免制震システム」を採用した。制振は風揺れも考慮しているという。装置は梁の境界に低降伏点鋼ダンパーを組み込む手法。これはトライスター形状によるねじれの揺れを緩和させるために開発された技術であり、この物件だからなしえた構造設計である。つまり、一般的な整形の建物にも応用できる(=効果が上がる)技術ではない。地震の揺れをどれだけ低減できるかは非公開だとしている。

例をみない取組としては、「地中熱」を利用した1階部分の空調設備を強調している。年間を通じて、17度程度に安定した地中熱を活用することで、年間の電気代を28万円削減するという。設備のコストが高いために、普通の規模では導入が難しいのだとか。こちらも費用は未公表とのこと。

◆物件の詳細を見る

 

-News トピックス, モデル見学・竣工内覧会
-, , ,