News トピックス ブログ

「ザ・パークハウス市が尾」のアピールポイント

三菱地所レジデンスからニューズレターが届いた。これは既に公開している情報であるが、マスコミなどに口コミのような形でお知らせするというものだろう。サブタイトルには「震災で見直されたコミュニティ形成」とある。たしかに首都圏の液状化した地域のマンションなどは棟としての対応が不可欠だったようで、組織的に活動できたかどうかは日頃のご近所付き合いや管理組合の結束力が大きく左右したと思われる。

対象に取り上げられた「ザ・パークハウス市が尾」は総戸数288戸で、入居が始まってしばらくは、プログラムをつくって早期にコミュニティができるようサポートをするというものである。この取り組み自体は珍しいものではない。今週末から第1期がスタートするようだ。

三菱地所レジデンスのチェックアイズには、シリーズ共通で取り組んでいる災害時のための設備の仕様などがある。東京建物は防災リュックの取り組みをリリースしていた。各社のPRの視点はそれぞれで企業の色というものがまれにあらわれる。

超大規模マンションのコミュニティサポート例

IMG_4107.JPG

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス, ブログ
-, , , , , ,