住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

ブログ 家の時間

地震に強い家

止まったように思っていた余震が、先週末あたりに続けざまにあった。少し落ち着くと、地震に対する心構えのようなものが無意識に薄れていることを、あらためて認識したような気がする。住宅に関わる仕事をしているが、住宅に関わる人はどう意識が変わったか、に関心がある。それとネットの閲覧の変化と、実際に住宅販売の現場に関わる人との、この3つの立場の思い方。そこにギャップがあれば市場が機能しない。つまり、専門家をA、買い手をB、売り手をCとしたとき、BはAのコンテンツを参考にし、BはCに接する。そこでCはBの疑問を解消できるか、ということだ。Aの中立性が前提。Cの対応力に注目する。Aのなかのひとつを、ただいまリリースした。

地震に強い家を考える

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-ブログ, 家の時間
-, ,