住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

ブログ

東京都の水準基標測量成果表

地盤の沈下や隆起を調べるために行う「水準基標測量」は毎年実施されているものである。東京都の水準基標は534地点存在する。例えば目黒区なら5地点となる。平成22年(基準日1月1日)における水準基標測量成果表では、そのうち2地点(東山3丁目、青葉台3丁目)が測量された。

成果表には前年との差が表記されている。いずれも+2.6mm、+4.4mmの隆起となった。東京湾の平均海面からの高さ、つまり標高(ないしは海抜)はそれぞれ31.11m、16.92mである。残り3地点は下目黒3丁目、中町1丁目、平町2丁目で、同じく6.46m、28.23m、37.85m。この画像は中町1丁目の油面公園内の水準基標の蓋である。

IMG_7692.JPG

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-ブログ
-, , , ,