ブログ

不動産絶望未来

マイホームの資産価値について書かれてある書籍「不動産絶望未来」が売れ行き好調のようだ。著者はアエラ記者の山下氏。日本不動産ジャーナリスト会議会員。昨夜は、その出版記念の集いがあった。国土交通省からもお祝いに来られた。

それにしてもインパクトのあるタイトルである。一筋の光もないような感じがする。人口予測は確かに衝撃的で、これは以前旭化成「くらしノベーショ
ン」フォーラム第1回で、明治大学の園田教授が説明されていたことと同じであったが、この本では修辞にあふれた書き方でとにかく圧倒されてしまう。

じつは数十ページ読んだところで気分が悪くなり閉じてしまった。とある郊外ニュータウンのことが、リアルな生活の一部を用いて綴られているのだが、実際に住んでいる人はどう捉えるのだろうかと思うと進むことができなくなってしまった。

でも買ったからには最後まで読もうと思っている。

■参考記事「急激な少子化、高齢化時代の最適な住宅選び」

-ブログ
-,