住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス ハウスメーカー

照明の知識

2014/10/28

大手ハウスメーカーの旭化成ホームズが、東京工業大学と共同研究を行い、「明るさ尺度値(人の感じる明るさ)」を用いた照明計画に取り組む。

東京工業大学准教授の中村氏(前列左から2番目)によれば、人が感じる明るさとはまわりとの対比による効果が大きく、本来必要な光の量を超えてしまっている場合が多いという。つまり、今の住宅は明るすぎではないかということだ。また、光源が直接見える照明は不快に感じるため、間接照明などの採用が理想的だという。

この学術的に裏打ちされた照明設計の考え方は、まだ具体的な販売プロセスの中には組み込まれていないそうだが、光源の見えない照明は間接照明以外にも選択肢としてたくさんあるはず。メンテナンスや可動性も考慮した上で、顧客にとって最適な照明の提案がなされることを期待したい。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス, ハウスメーカー
-, , , , ,