住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

ブログ

絶対失敗しない!マイホーム選び

絶対失敗しない!○○選び――こんなタイトルの講座があったとしたら、どう受け取るだろうか?
「絶対」とあれば、逆にあやしい感じがしないでもない。そもそも絶対なんてことはあり得ない。責任も取れないのに「大丈夫ですよ」という言い回しは果たして適切なのだろうか、といろいろ考えてしまう。ただ、これだけは言える。マイホームを買おう決めた人は、おそらくかなりの確率で「絶対に失敗した
くない」と頭のなかで思っている。

最終候補に残った2つの住戸があるとする。どっちが高いか安いかを判断したいときは、「価格を単価に置き換えて比較しなければなりません」と説明する。たぶん時間が限られていれば、その一言で終ってしまう。ところが、現実の場面はもっと考慮すべき点が多々ある。間口の幅、間取り効率、使いやすいか、向き、設備の差、天井の高さ、窓の高さに大きさ、眺望、梁や柱の具合、建具のグレード、ガラスのグレード、収納の数と容量、住戸の位置。当然共用部の比較も必要だ。きりがないようだが、しかし無限ではない。最終的には好みというモノサシが決めるのだろうが、比べるポイントはたくさん挙げることができる。あ
らゆる視点の、そのすべてを知っておきたい人には、時間がちゃんとあれば伝えることができる。そう思うと、たいていの場合、失敗しない選び方がノウハウと
して説明できなくもない、という気もしてくる。

生涯最高の買い物。なのに、あまりにも簡単に決断しすぎると不動産市況アナリストが言っていた。では、どうすれば知識が得られるのか。書籍ではなく、講座という形で、しかもできるだけ話者の個性を出さずに、必要な知識を一から十まで伝えることができたら、「何も知らないで失敗した」と後悔する人は間違いなく減る。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-ブログ
-, , ,