News トピックス 経営者の思い

三菱地所、経営と執行を完全分離

三菱地所は2016年6月29日株主総会、取締役会決議をもって、指名委員会等設置会社へ移行した。これにより取締役の陣容が大きく変わった。

従前5名いた代表取締役はゼロに。新しく取締役会長として木村恵司前代表取締役会長が、前代表取締役社長杉山博孝氏は取締役兼代表執行役執行役社長に。加藤譲前代表取締役が取締役に。他の取締役は前常務執行役や監査役など取締役以外からが5名、社外取締役7名。計15名の取締役で取締役会が構成される。

組織図では取締役会の配下に社長、経営戦略委員会、経営会議(投資委員会など含む)、各事業グループ、となる。実際に事業に携わってきた者が(執行役として)組織長に集中することは企業効率を考えるうえでプラスに働くだろう。これからは指名委員会の機能が注目されるのではないか。

 

-News トピックス, 経営者の思い
-