News トピックス マンション

東急目黒線「武蔵小山」駅前再開発

本日、住友不動産が東急目黒線「武蔵小山」駅前再開発計画における再開発組合の設立が認可されたと発表した。細かく分轄された敷地統合と建物の高度利用化により、道路・広場を整備、環境改善と防災強化を図る。

msky

【計画名称】 武蔵小山駅前通り地区
【所在地】 東京都品川区小山三丁目
【地区面積】 施行地区約 0.7ha、敷地面積約 5,420 ㎡
【施設規模】 延床面積 約 53,870 ㎡ RC 造・地上 41 階、地下 2 階建て・高さ約 145m
【施設用途】 住宅(約 500 戸)、生活支援施設、駐車場
【公共施設】
・既存区道の拡幅
・広場の整備(2 ヵ所・面積約 340 ㎡)
・歩行者通路新設(幅員 2m)歩道状空地新設(幅員 2m、4m)
【総事業費】 約 321 億円(予定)

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス, マンション
-