ブログ 家の時間

上野千鶴子さんの住宅観

2014/10/30

上野千鶴子さんの講演会騒動、をツイッターで知る。そして、ブロゴスの記事を見た。

上野千鶴子さんについては、【家の時間】「家について話そう」でインタビュー記事を掲載している。あらためて、読み返してみた。

家が一生モノの時代は終わって、これからは家もどんどんリサイクルマーケットの中に入ってくる。だからスーパー個性的な家なんかいらないんです。(中略)住まいは生活の箱なんだから、住み替えられなくちゃ。住み手が替わらない家って閉塞感があるのね。その意味でコーポラティヴハウスはデッドエンド感がある。住み手が替わるのを前提にしている家は風通しがいい

物事を自然に捉えられる生活者としての視点は不可欠、か。

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-ブログ, 家の時間
-,