News トピックス

三菱地所レジデンス、2014年4月の組織改正を見て思うこと

2014/12/15

今月7日、三菱地所レジデンスが組織改正と人事異動を発表した。

組織改正の項目は、全部で13。そのうち事業に直結する新設は3つ。まずひとつは「建替事業推進室」。ふたつめは「リノベーション事業部」である。リノベーションについては、1棟リノベを「資産活用室」として設けるとある。みっつめは海外事業部。トータルで4つの事業部や室が誕生することになる。首都圏の新築マンション市場の課題を踏まえ、中古市場や海外に参入・展開する意図が明確である。

名称ならびに機能の分割として「ブランド・CS推進部」のCS推進を新設する「カスタマーサポート部」に、ブランド推進を「経営企画部」に移管するとある。

「コストマネジメント室」の新設は昨今の建築費高騰を反映してのものだろうか。

都心用地・建築資材など主要原価の高騰、大手競争激化、中古住宅市場の制度整備、旧耐震建物改善の推進策などを受け、住宅市場は曲がり角を迎えている。大手マンションデベロッパーの経営戦略に注目していきたい。

 

 

-News トピックス
-, , , , , , , , , ,