News トピックス 販売好調物件

『パークホームズ清澄白河』 第1期1次49 戸全戸に登録申し込み

2014/11/04

パークホームズ清澄白河

パークホームズ清澄白河

「パークホームズ清澄白河」(三井不動産レジデンシャル)は、半蔵門線「水天宮前」駅、同「清澄白河」駅、東西線「門前仲町」駅3 駅が徒歩圏で、隅田川に隣接するリバービューが特徴の分譲マンションである。総戸数159戸のうち事業協力者64住戸を除く95戸が販売対象。6 月のモデルルーム公開以降、約310 組の来場者があり、第1期1次(8 月1 日~8 月3 日)49戸すべてに登録申込が入った。

申込者は30 代が 59%と最も多く、次いで40 代 19%、60 代 10%と続く。家族数の平均は2.6 人。職業は会社員が63%。以下、公務員9%、経営者7%、会社役員5%。評価ポイントは①都心に近く利便が良いこと。②隅田川に沿って自然が身近。③159 戸の規模感を活かして、二層吹き抜けのエントランスホールや車寄せ、屋上スカイデッキに約365 ㎡の中庭を設けるなどスケールメリットを感じられること。

間取りは2LDK~4LDK、専有面積 53.42 ~92.29 ㎡。販売価格は、3,908 万円~8,778 万円。坪単価で@253.9万円である。

三井不動産レジデンシャルは、登録・抽選を済ませた後1週間以内程度に実施する契約会(日)にて全戸契約を済ませたものを即日完売と定義。今回は登録申込の段階による発表のため、これにあたらない。同社の販売速報リリースは、「パークホームズ目白ザ フォレスト」、「パークホームズ三鷹上連雀」に続く第3弾となる。

【三井不動産レジデンシャルの物件一覧】

 

-News トピックス, 販売好調物件
-,