住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

ブログ

「JR大阪三越伊勢丹」に湧く

昨日は関西でマンションセミナー。今朝がた帰京した。昨夕のTVニュースは、きょうオープンの「JR大阪三越伊勢丹」一色だった。JR大阪駅直結であること、東京のブランドデパートが関西最大の市場に参入すること、など否応なしに関心も高まるようだった。阪急や大丸といった老舗も戦々恐々としている様子で、インタビューでは、伊勢丹はファッションに強いイメージがある、とみているライバルが多かった。

それにしても、関東からすれば「三越伊勢丹」は違和感のある店名である。経営統合からだいぶ経っているが、店舗となるとまだ別々のイメージだからだ。新店舗の初年度売り上げ目標は550億円。これは阪急(1260億円)の半分以下。控えめなのか、関西人の財布のひもは固いとみているのか。カラフルな格子の袋はキタの街になじむだろうか。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-ブログ
-, , ,