高級マンション

「Gマーク」マンションは何が良い?

2014/10/28

以前はグッドデザイン賞に関心のなかったデベロッパーも、いまやその受賞件数に一喜一憂している。販売促進やブランド構築に貢献するのであるなら、積極的にやろうということである。とはいえ、いまだ企業によって温度差があるのも事実。

業界内でも話題になった「加賀レジデンス」はGマークを受賞していない。エントリーしたのかどうかもわからない。このマンションは今年「BCS賞
(建築業協会賞)」を受賞した。あまり知られていない賞だが、過去の受賞歴をみると、新丸ビル、国立新美術館、恵比寿ガーデンプレイスなど有名な建物がズ
ラリと並んでいる。

1988年には「広尾ガーデンヒルズ」も受賞している。「BCS賞」は「良好な建築資産の創出を図り、文化の進展と地球環境保全に寄与することを目的に毎年、国内の優秀な建築作品の表彰」。優秀な建築作品は、デザインだけでなく、施工技術も重要だとしている。

Gマーク制度は1957年に創設。これまでに約35,000点が受賞した。一方、BCS賞は1960年、受賞件数は約782点(H20時点)であ
る。この手のものは比較するものではないが、数が多いと認知も広がることは確か。だが知名度と秀逸度は別物であることもある。これはマンションの規模と話
題の関係性にも通ずることである。

-高級マンション
-, , ,