中古マンション

中古マンション「都心3区」在庫件数低水準のまま

投稿日:

上のグラフは、東日本不動産流通機構発表「東京都地区別 中古マンション在庫件数(月間)」推移である。全体トレンドとしての特徴は、相続税改正公布(2013年3月31日)から都心3区が極端に減少。その後、5つの地区は収斂するも2017年に入って再びばらけ始めた。「都心3区の(相対的に)低水準」が傾向としてみられる。

下のグラフは、同「東京都地区別 中古マンション成約単価(月間)」推移である。相続税改正公布から都心3区の上昇角度が上がっていることがわかる。また、全体として上昇基調が崩れていないといえる。が一方で、踊り場入りも近いのではないかとみている。

なぜなら、投資用物件の場合、金利低下から利回りの悪化を受け入れる余地が生まれたが、それもある程度限界に達したという声が(少し前から)聞かれるようになった。実需物件の場合、住宅ローンを組んで購入する世帯の返済可能額と希望条件に該当する物件の購入価額とのバランスがかろうじて保てる均衡状態にすでに入ったとみている。具体的には共働きそれぞれ高所得の世帯で@450程度が限界。したがって、さらなる価格上昇が期待できるのは、予算に上限がない顧客層の目に留まる特別希少性が高い高価格帯のみと思われる。

 

-中古マンション
-

Copyright© 住宅ブランドの実際 , 2018 All Rights Reserved.