住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス 高級マンション

「ブランズ ザ ハウス 一番町」の高級感

「ブランズ ザ ハウス 一番町」(千代田区一番町/事業主:東急不動産)は地上12階地下1階建て、全56戸(事業協力者住戸8戸含む)の分譲マンションである。交通アクセスは地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅徒歩3分、同南北線等「市ヶ谷」駅徒歩6分、JR中央総武線「市ヶ谷」駅徒歩9分。周辺環境は落ち着いた住宅街である。

販売平均坪単価約@770万円。

2015年11月6日公式サイト公開、同時にグループ会社関係者からの紹介活動を開始。12月中旬第2期一般分譲(販売戸数5戸)。2016年4月現在、販売対象戸数は1戸:専有面積149.91㎡ 販売価格4億1000万円である。

平均専有面積約127㎡。超高級物件を呼ぶにふさわしいスペックだが、立地条件のみならず「敷地の形に恵まれた土地」であることが大きかったと思われる。

敷地面積:2,333.11㎡。6:5の整形地で、長辺が南。南傾斜地の中腹にあたるため前立ても全面的にはかぶらない。幅員約8m公道に東側に接道。間口約45mは、建物をシンメトリに魅せ、キャノピーと植栽のホテルを思わせるような車寄せとのレイアウトをゆとりを持って可能にした。近隣でも見ないほど理想的なスケールと思われる。

2016年に買える注目のマンション

モデルルーム

モデルルーム

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス, 高級マンション
-