住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

中古マンション

都心3区、城東地区「最高値更新」も築浅進行!?

下のグラフは「23区」地区別、中古マンション「成約単価」の推移である。都心3区と城東地区は先月(9月)、2008年以降の最高値を更新(都心3区:112.33万円/m2、城東地区:58.3万円/m2)。その他、最高値が現在に近い順は城南地区:2017年8月(77.34万円/m2)、城北地区:2017年4月(65.72万円/m2)、城西地区:2016年11月(89.57万円/m2)。

 

同じく、成約ベース「築年数」をあらわしたのが次のグラフ。2017年9月「城東地区:16.33年」、「都心3区:16.81年」と他3地区との開きが大きくなる傾向にあるようだ。城東地区、都心3区は平均値が2000年以降となり、湾岸エリア供給ラッシュと同時期である。一方、城南地区、城西地区、城北地区は1994年からの「8万戸大量供給」直後が平均となる。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-中古マンション
-