News トピックス 販売好調物件

『プラウド船橋 』 500戸超売り出し、即日完売

総戸数1,479戸の大型マンション「プラウド船橋」(野村不動産、三菱商事)の一街区:334戸 二街区:239戸、計573戸が即日完売(全戸登録)した。登録件数939件、最高6倍、平均1.63倍。500戸以上を一斉に売り出し、全戸即日完売したのはプラウドシリーズでは初めてだという。

■評価された4つのポイント
①「船橋」駅徒歩圏、「新船橋」駅徒歩1分
②大規模複合開発
③スマートシェア・タウン構想
④細やかな配慮がなされた永住品質

■主な物件概要と登録者の属性は以下の通り
・販売価格:2,628万円~5,706万円、最多価格帯:3,900万円(66戸)
・専有面積:70.63㎡~100.89㎡
・間取り:3LDK~4LDK
・年齢:平均41歳(35歳未満38%、55歳以上19%)
・家族数:平均2.6人
・職業:会社員76%、公務員・教員8%
・居住地:船橋市41%、市川市14%、千葉市6%、東京都内14%

(オールアバウト「厳選マンション」より)「プラウド船橋」が誕生するのは東武野田線「新船橋」駅前に広がる約50,000m2もの広大な敷地。その中で最初の分譲となる 「一街区・二街区」は駅徒歩1分の表示となるが、少し乱暴に言えば1分どころか道路を挟んだ目の前が駅、という非常に恵まれたロケーションだ。「駅近」 「駅1分」の価値はもちろん暮らしていく上での利便性が高いということだが、「駅近マンションの資産価値維持率は高い」というような住宅関連データのリ リースも多く見かけることを思えば、初めてのマンション購入で将来の資産価値下落に不安を覚える傾向がある中においてはひとつの安心材料にもなるのではな いだろうか。

さらに「プラウド船橋」の立地のアドバンテージは総武線の「船橋」駅から徒歩圏(14分)ということである。千葉県いや首都圏でも有数のビッグターミナル のひとつ「船橋」駅については多くを説明するまでもないが、やはり総武線快速で東京駅へ直通24分というのが最大の魅力である。続きを読む

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス, 販売好調物件
-, , , , , , , , ,