News トピックス

2020東京五輪の新築マンション効果

ザ・パークハウス晴海タワーズ

ザ・パークハウス晴海タワーズ

東京都の湾岸エリアは、江東区の豊洲2・3丁目地区開発や三菱製鋼跡地の東雲1丁目開発、臨海副都心有明地区再開発、中央区の勝どき・晴海地区ならびに港区三井製糖工場跡地の芝浦アイランドなどを核として超高層マンションを建設してきた。都市再生緊急整備地域として、また一昨年施行のアジアヘッドクオーター特区にも指定された期待のかかる地域である。

9月8日早朝(日本時間)の2020年東京五輪開催決定は、こうした地域の整備開発に追い風となるニュース。

現在も財閥系デベロッパーを中心に、新築マンションのモデルルームが集客販売をしているが、さっそくその効果が現れた模様だ。2棟合わせて1,744戸を供給途中の「ザ・パークハウス晴海クロノレジデンス&ティアロレジデンス」(三菱地所レジデンス)では、昨日の来場数が直近数週間の平均の倍に膨らんだ。再来場の割合が多く、決断を後押しされたように「空き住戸の問い合わせ」が増えたという。また、新豊洲で分譲中の「スカイズタワー&ガーデン」(総戸数1,110戸:三井不動産レジデンシャル他)も前週の1.4倍になった。有明地区で3つ目のタワーとなる「ブリリア有明シティタワー」(東京建物)は問い合わせが100件近くもあったそうだ。

晴海、有明地域では鹿島建設や住友不動産、大和ハウス工業などが大型タワーマンション用地などを獲得しており、順次住宅として分譲または商業施設として開発される予定。

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス
-, , , , ,