住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

ブログ 経営者の思い

三菱地所記者懇親会2011

2011/09/23

台風でどうなるかと思ったが、予定通り三菱地所の記者懇親会が執り行われた。この春に会長に就任した木村さんから冒頭の挨拶があった。社長になったときからそんなに長くやるつもりはなかった、リーマンショックや震災など厄介なことが続いたと社長時代の苦労話を語った。

 

 

 

 

 

 

 

グループの社長や副社長が一堂に会する記者懇親会で今回はどうしても聞いておきたいことがあった。それは津波と液状化に関することと免震の性能についてである。そこで三菱地所設計の役員にいろいろ尋ねた。副社長の大内氏は本音でわかりやすくこたえていただいた。なかでも液状化と津波が同時に発生した場合に、杭を打った鉄筋コンクリート造の建物が横倒しになったことは衝撃だったとおっしゃった。また積層ゴムの耐久性も半永久的だとする製造メーカーの見解と同じだった。こういう場にはそぐわない話題をお願いしたが、とても丁寧に説明していただけた。

新社長に就任した杉山氏は、「丸の内」「街開発」「住宅」「海外」の4つをキーワードに挙げ、長期計画を説明された。住宅は「分譲マンションを中心に、事業を強化する」と書かれてあった。今後が楽しみである。

 

 

 

 

 

 

 

 

「三菱地所」のタグのある記事

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-ブログ, 経営者の思い
-, , , , , , , , ,