News トピックス

新宿センタービル「13分揺れ」

昨日の朝日夕刊1面で長周期地震動の記事が掲載されていた。これによると、「新宿センタービル」は先月11日大きな横揺れが13分も続いたという。上層階は揺れ幅が3秒で1m近くに及んだ。ビルに入居している大成建設本社がデータを公表した。今後、超高層建築物などには長周期地震動の対策が必要だとしている。

地上200mに達するほどの超高層ビルの固有振動は6~8秒が多く、今回の大地震では発生2分後に長周期地震動に達したという。日本建築学会では地上60mの超高層建築物約1100棟のうち、1割弱の100棟は耐震補強の必要があるとしている。

<関連記事>
タワーマンションの「長周期地震動」の対策
東京の液状化予測マップと東京の地盤

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス
-, , , , , , , ,