家の時間

途中で金利が上がっても、変動型が得!?

公開1週間で2400セッション超は、単体記事としては「家の時間」最高記録。特徴は9割がSNS流入。今後検索流入が増えるとするとかなり多くの人に読んでもらえることになる。うれしい限り。

資金計算はモデルルームで行われることがほとんどだ。マンションの営業マンは丁寧な資金計算が申込みにつながることから、時間をかけて顧客ごとの試算を手伝うが、金利の選択に関しては個人的な誘導、アドバイスができないため、その内容を深く説明することができない。実際に借りる金融機関でも「どちらをお勧めする」といったことは言わない。だから、この手の知識が新鮮なのだと思う。

第2弾は実践編。超低金利だから固定で、と安易に決めないほうが良いようだ。

固定型も1%を切る時代に、あえて変動型を選ぶ利点はあるか?

 

-家の時間
-