住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

販売好調物件 高級マンション

芸能人を意識した商品企画「プラウド代官山猿楽町」

「プラウド代官山猿楽町」(事業主:野村不動産)は東急東横線「代官山」駅から徒歩5分、地上4階地下1階建て総戸数15戸の分譲マンションである。「T-SITE」に道路を一本挟んで隣接する立地と特大のガラス窓で覆われた外観が特徴。第1期6戸、2期2戸を分譲済。残り7戸は広告募集対象外住戸としてクローズ販売。坪単価は概ね@900万円前後が平均値のようだ。

芸能人など高いプライバシー性を求められることを想定し、クリーニングなどの受け取りを対面でせずに済む「プラベートロッカー」を商品企画上の工夫として導入。下がモデルルームガイドに掲載されている当該ページである。資料提供:野村不動産


下の画像、間取り図玄関部の「PL」が該当部分である。

同社では、今後都心部案件として「虎ノ門」や「上原」で分譲予定があるという。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-販売好調物件, 高級マンション
-