住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス

産業ファンド投資法人が、J-REITで初めて「ポーター賞」を受賞

総合商社「三菱商事」とグローバル金融グループ「UBS A.G.(ユービーエス エー・ジー)」がスポンサードする「三菱商事・ユービーエスリアルティ株式会社」の運用する「産業ファンド投資法人」が、一橋大学大学院国際企業戦略研究科が運営する「ポーター賞2013年度」を受賞した。

「産業ファンド投資法人」は、物流施設の他、企業の研究施設や工場、インフラ施設を投資運用している。現在のポートフォリアは、物流17、向上・研究施設6、インフラ施設が6。エリア別では首都圏が22、大阪圏が6、名古屋圏1。総取得額は163,843百万円。稼働率は99.9%である。不動産投資法人ポータルサイトでは予想利回りを「3.59%」としている。当該ファンドは、安定した収益構造を誇り、施設を売却した企業はその資金を研究開発に振り向けることができるという社会的意義を含む点が独自性であるとしている。

「ポーター賞」は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科が独自性のある戦略によって競争に成功した日本企業や事業部に贈られる。2013年度の受賞者は、産業ファンド投資法人の他に、伊藤園、カカクコム、アパレルのユナイテッドアローズが受賞している。

 

 

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス
-, , , , , , , ,