住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

マンション 一戸建て

底堅い「マンションの需要」

先月から今月にかけての記事、マンションと戸建て市場の動向を総括すると「中古マンション市場は、細分化され地区ごとに異なる動きで引き続き活性化」「戸建市場はなぎの状態」ということになる。さかのぼって、需要の違いをあらわすなら以下の様なイメージ図となる。

節税対策は「相続性改正」(2015年1月施行)が引き金となり、都心部の比較的コンパクトな面積、とくにタワーマンションと相性が良い。資産運用は、「都心で駅近」といった利便性を重視する傾向がある。資産規模が大きければ大きいほど、利回りよりも「築浅」等手間のかからない建物、さらに滞納等「トラブルの少ない」テナントが好まれる。収入の「安定性」を求める指向があるからだ。都心回帰で選択肢が増えたこと、大手企業の好調な業績が前提にある。ただ、選別化は進んでおり、これからは、

・好立地
・質の良い建物
・充実した管理体制
・入居の求める付帯施設やサービス

すべてが揃っていなければ相場に乗りきれない可能性もある。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-マンション, 一戸建て
-