住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス ブログ

屋上菜園付き「弦巻コーポラティブハウス」

株式会社コプラス(渋谷区、代表取締役:青木 直之)が世田谷区弦巻3丁目で、屋上菜園付き「弦巻コーポラティブハウス」プロジェクトの参加者募集をスタートした。おもな概要は以下のとおり。

【概要】弦巻コーポラティブハウス
所在地:東京都世田谷区弦巻3丁目
交通:東急田園都市線「桜新町駅」徒歩13分、東急世田谷線「上町駅」9分
敷地面積:422.18m2
住戸数:9戸(予定)
設計監理:株式会社アルコデザインスタジオ(予定)
コーディネイト:株式会社コプラス

コーポラティブハウスとはコーディネーターが購入希望集者を集め、建設組合を結成してから土地を購入。住まい手が建築主となって集合住宅を建設する。土地購入の段階から、将来の住民同士が一緒になってプロジェクトを進めるため、計画段階から密なコミュニティの形成をはかれることが特徴である。

募集HPでは、「専用駐車場を設置できる専用庭付きの1階住戸」とか、「○㎡のアルコーブの付く最上階」といった表現がある。間取りや窓の大きさ、位置以外に関して、ある程度プランの構想が出来上がっているのだ。この段になっても、まだ募集者が足りないということなのだろうが、立地以外の建物設計の魅力をPRに盛り込むことは、不動産販売として限りなく分譲マンションに近い手法に見えてしまう。

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス, ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,