News トピックス

地区別新築マンション総販売額前年伸び率

2014/02/01

先ほどアバウトに「2014年新築マンションは値上がりするか?」と題した記事をアップした。先週不動産経済研究所から発表があった2013年の市場動向をもとにざっくりとしたマーケットの総括である。新聞などでは「マンション戸数2割増」といった見出しになるわけだが、そのまま理解するのはどうかと思ったわけだ。23区が1.5倍になっただけだと。価格は、具体的に数値を押し上げた都心好立地物件を、昨年書いた物件レビューを販売単価を羅列した。

作業してみた思ったのだが、これでもじつは今一つ物足りない。23区というくくりがだ。ただこれ以上細分化しても物件ごとの値付けに行き着くだけなので、少し見方を変えて(B向け)市場規模の拡大についてデータ化してみた。結果、23区は戸数では46%アップしたのだが、総販売額ベースでは6割近い増加になった。これを見る限り、デベロッパーは都心部に向かったほうが事業効率高まるということになる。データ出典:不動産経済研究所

 

 

 

 

 

 

 

 

スライド5スライド6スライド7スライド8

 

 

 

 

 

 

【関連記事】
2014年新築マンションは値上がりするか?
 

 

 

-News トピックス
-, , , ,