News トピックス 高級マンション

住居表示にはない、高級住宅街の地名

都心には、住居表示では使われていないが、古くからの呼び名が残っている地域が少なからず点在する。なかには極めて良好な住環境を保っている場所もあって、いまでも“あこがれの地”と称される地名も多い。

例えば、文京区本駒込6丁目の「大和郷」。“やまとむら”と読む。江戸時代の武家屋敷だった一帯を、明治期に三菱グループの祖、岩崎弥太郎氏が受け継い だ。六義園は都に寄贈し、その西側を住宅街として開発。およそ1.5ha程はあろうかというほどの閑静な街並みが残っている。

この秋に分譲予定の「仙石山(せんごくやま)」もそう。赤坂の「氷川(ひかわ)」や麻布の「霞町(かすみちょう)」「笄町(こうがいちょう)」も有名である。そして、地形になぞらえた呼称でもっとも有名なもののひとつが「城南五山(じょうなんござん)」。続きを読む

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス, 高級マンション
-, , , , ,