家の時間

不動産売却にあたって大切なこと

2015/04/10

「家の時間」で【マンション売却のコツ】をはじめることにした。書き手は平野さんにお願いした。快くお引き受けいただいたことに感謝している。マンションに絞ったのは、土地と区分(マンション)ではスピード感が異なる場合があるから。境界確認など土地ならではの時間の要する作業のないマンションに絞りこんで「共通の注意点」を抽出した記事コンテンツを目指したかった。

不動産売買における「新築と中古の大きな違い」の一つは、取引価格の構成要因の差である。これは「売主の事情」が新築は反映されにくいが、中古は大いに反映されるケースが少なくないことである。新築は、利便性や希少性といった不動産そのものが持つスペックに則って値付けが基本的になされるわけだが、中古は「売主が売りたい価格、いつまでに売りたいか」が重要になってくる。

この「スピード感」つまり「時間」がポイント。使える時間をいかに確保しておくかが値段を左右する。「使える時間」とは「市場を理解し、良きパートナー(仲介業者のこと)を得、確かな戦略のもと、着実に実行するまでに要する時間を確保できるか」と言い換えることができる。したがって、手順や基礎知識、市場の実態、トレンドなどを事前に知っておくが有利なのは明らか。当コンテンツを大いに活用していただければと思う。

マンション売却のコツ

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-家の時間
-, ,