住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

経営者の思い

三井不動産グループ記者懇親会

昨日は、三井不動産グループ記者懇親会に参加。「2年ぶり」(岩沙弘道代表取締役会長)の開催である。菰田社長の挨拶では、まず海外の動向に触れたのち、国内景気、不動産市況について語った。

「住宅については都心をはじめ需要は相変わらず堅調である。しかしながら、郊外のなかには様子見や検討の長期化も一部みられる。」

岩沙会長は2016年は「まさか」の多い年だった。来年はグループ力を発揮できる1年にいよいよなるだろう、ということである。

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-経営者の思い
-