News トピックス ブランド ブログ 高級マンション

マンションデベロッパーの防災対策

投稿日:

東日本大震災からまもなく1年。住まいの安全性はどれだけ高まったのか。デベロッパー大手3社に直接聞く機会をもうけさせてもらい、そのときの発言を、ほぼそのまま記事にして、本日アップした。一見、似たような防災基準のようにも思えるが、詳細を見ればずいぶん異なることがわかる。

そもそも物件別の性能の差は、一般の人からすれば読みとりにくいものだ。免震を採用していれば、構造の優位性を滔々と聞かされるし、家具転倒防止を講じていれば、耐震でも建物は倒れない、要は室内の問題だと諭される。どちらでもない現場では、まず地盤が強固だからと言われ。わかったようなわからないような、結局どれも似たようなものかと自己完結する、といったところではないだろうか。

大手デべはブランド構築に余念がない。ブランドとは「約束」である。日本中を震撼させた大地震を目の当たりにして、彼らは今回何を誓ったのだろうか。資産的に目減りのしにくいマンションを生活防衛の手段として買いたい。そんな顧客が増える中、防災に優れた不動産を見分ける手段を身につけることは必須とも言える。一見、専門用語が混ざっているようだが、難解な項目はひとつもない。だから、参考にして欲しいと思う。

震災後、分譲マンションの安全性はどこまで向上した?
三菱地所レジデンス「ザ・パークハウス」の防災新基準
抜本的に見直し、三井不動産レジデンシャルの防災基準
野村不動産のマンション「プラウド」の防災対策
「プラウドタワー東雲」第1期250戸即日完売の舞台裏
「ザ・パークハウス晴海タワーズ」公開ひと月後の反響
震災後、“都心部のタワーマンション”に対する評価
マンション業界のブランド戦略~顧客接点の模索
「注目の都心マンション」と購入希望者へのアドバイス

-News トピックス, ブランド, ブログ, 高級マンション
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 高級マンション ブログ , 2018 All Rights Reserved.