News トピックス

マンションコミュニティの功罪

122情報の非対称性は、マイホーム市場における積年の課題だといわれている。モデルルームでマイナス要素を積極的に述べる営業マンはまずいないから、検討者は自分で知識を身につける必要がある。が、不動産の世界は専門的でなおかつ要素が多く、簡単に習得できる量ではない。業界経験の長い者でさえ、相場を見誤ることがあれば、商品企画を間違えもする。だから、一次取得者の失敗しないマンション選びは、そう簡単に達成できることではない。

そういう意味で、ネットの普及は画期的だ。物件概要が簡単に閲覧できるし、資料請求も手間が省け、おまけに基礎知識の類も(取捨選択に時間がかかるほど)充実している。ポータルサイトも大手同士の競争が激しく、使う側の利便は増すばかり。

だが、いまひとつ育っていないなあと思うのが口コミサイトだ。各物件の感想や評価や疑問を投げかける掲示板機能を備えたコミュニティサイトである。

代表的な「マンションコミュニティ」では、かつては密度の濃い投稿も見受けられたが、最近はそのようなコメントはめっきり減ったようだ(あくまで個人的な感想として)。自由に書き込めることがこの手のサイトの本質でもあるので、それ自体を評価することが矛盾でもある。だが、どの不動産ポータルサイトもチャレンジしては成し遂げられていないことからも、「マンションコミュニティ」にはさらなる充実化を期待したい。

というのも、マンションコミュニティの高い「SEO」効果が期待の前提にある。物件公式ホームページの次くらいに表示されることが多く、この利点をもっといかせれば正真正銘の「必須」サイトになるはずだ。

昨今のマンション選びは、資産価値重視の傾向が顕著であるから、このような「美人投票の確認の場」でもある情報コーナーはますます重宝されるようになるだろう。個人的には、良質な物件ほど書き込みが荒れてない=投稿が極端に少ない、物件の良さが(かつてほど)掘り起こされていない=マイナス点ばかりを強調されている、といった印象がある。非難するような言葉の羅列は読んでいて気分の良いものではなく、ただ単に時間を失った気がするから、ますます見なくなってしまう。とてももったいないことだ。

 

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス
-, , , , , , , , , ,