News トピックス

マンションの図面集の役割

マンションのパンフレットは、図面集(間取り、平面図)、生活利便施設ガイド、価格表、本体(立地と建物の特徴をまとめたもの)、モデルルーム写真集、クオリティブックなどをもって一式となる。近頃は以前ほど華美ではなくなり、極端なケースではほとんど1冊で終わられてしまうこともあるようだ。

価格表の次に、読み込みたいツールはやはり図面集である。敷地配置図、平面図、仕上げ表の順に、間取りは広いタイプから見ることが多い。

1度目の来場では、図面集は簡易図面集といって下り天井などが細かく書き込まれていない資料を渡される場合もあるようだ。実際の空間は、梁の下がりのほかにもダウンライトやダクトのための下がり天井があるため、図面に落し込むと相当複雑になる。つまり、一般的な判断の手順として候補の間取りを平面で確認して選択し、その後梁の状態は「確認作業の一環」として把握する、と捉われているのではないだろうか。したがって、面積と同時に天井の凹凸を判断材料とする人にとっては資料として成立していないことになる。その場合、モデルルームで(たとえ異なるタイプであっても)最低限オプション以外の下り天井をヒアリングするしかない。

タワーマンションの平面図から構造とデザインを読取る

 

-News トピックス
-, , , ,