住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス ブランド ブログ マンション

マンションのブランド価値

「マンションのブランド価値」を細分化すると、どんなコンテンツになるだろう? ブランドを“約束”と置き換えるなら、「マンションの価値を約束する要素」ということになる。マンションの価値とは、すなわち住み心地と資産価値。住み心地が良くて、資産性を有するものがブランド力のあるマンション。

住み心地とは、利便性と居住性で構成されるものである。利便性とは、駅からの距離とアプローチの状態、都心へのアクセス、生活利便施設の有無など。居住性とは向きや眺望といった個別の好みを除けば、面積、縦の広がり、間取り、性能(省エネ・構造など)、設備の用意、デザイン、管理&アフターサービスである。

資産価値は換金性と収益性ではかられる。おもに立地。それと建物の質。管理の善し悪しもいれてしまおうか。

どうしても不動産なだけに、立地の概念が大きい。とはいえ、資産価値の高いエリアばかりを供給しているマンションブランドがあったとして、それを買える人は限られてくる。自分の住まいに置き換えられないブランドをどれだけ紹介しても読み物としては面白いかもしれないが、アクション率が上がるコンテンツにはなりにくい気がする。だから、立地のタガははずすべきだろう。

残るは、2つのカテゴリー「住み心地」と「資産価値」で共通のものを整理してみる。つまり建物の質と管理だが、個人的な条件によって、判断が下される面積などを除けば、「縦空間も含めた間取りの秀逸さ」「性能」「設備」「デザイン」「管理・アフターの体制」をもって約束項目とする。

それぞれは、ありきたりなワードだが、編集の仕方によって発見がある面白いものになると思う。とくに、差が出にくい管理なんかは。

マンションのブランド価値

  1. 専有空間の工夫(プラン・内装・設備)
  2. デザイン
  3. 性能(構造・省エネ)
  4. 管理・アフター体制
  5. 注目の物件紹介

でも、これだとコンテンツとしてひねりがない。それに「マンションデベロッパー」も入れたい。

マンションのブランド価値

  1. マンションデベロッパー(企画・販売・管理)
  2. 設計/施工
  3. 資産価値
  4. 注目物件

これでどうかな。

 

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス, ブランド, ブログ, マンション
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,