News トピックス 【動画】有 ブランド 販売好調物件

プラウド南麻布がなぜ半年で完売したか

今年の都心の話題物件を3つあげろと言われれば、森ビルの「アークヒルズ仙石山レジデンス」、麻布住所で2棟目のタワーマンション「ザ・パークハウス西麻布レジデンス」、そしてフランス大使館隣接の「プラウド南麻布」。とくに、定期借地権であることと東西で景観が全く異なるという理由から、「プラウド南麻布」はその商品性、値段、売れ方すべてに注目していた。

モデルルーム公開前に、模型とモデルルーム、事前反響の状況を取材したが、その時点では売れ行きの予測がつかなかった。富裕層の定期借地権に対する印象を販売側がまだつかみきれていないと思ったからだ。ところが、ふたを開けてみると全戸半年かからずに売り切ってしまった。

「プラウド南麻布」の販売活動を通じて、野村不動産は「定期借地権に対する富裕層の反応」と「いま現在の都心の高額市場」に対してどう総括しているのか。それを、泉山所長にストレートに聞いてみた。この内容は動画にて公開する予定。高級マンションの購入を検討している人は、市場の現状を理解するにとても有益な情報になるだろう。

◆今年の注目マンション12

 

【2017年 この春の注目マンションプロジェクト】

-News トピックス, 【動画】有, ブランド, 販売好調物件
-, , , , , , , , , , , , ,