News トピックス モデル見学・竣工内覧会

デベロッパーの記者発表は三者三様

記者発表会は、企業が世間に伝えたいことがあるときに催すイベントのことである。新商品、新ブランド、決算、役員人事、グループ再編、などさまざなテーマや機会で、企業がメディアを通じてメッセージを出す。人事や決算発表では特別な事情がない限り、発信の仕方に企業の差は出ない。しかし、新商品や新ブランドのリリースでは、三者三様といっていいくらい、その運営方法や質疑応答の空気が企業によって異なる。場合によっては、伝えたかった中身そのものよりも、その場の雰囲気のほうが強く記憶に残ることがある。それくらい記者発表会は、企業色が浮き彫りになるといってよい。

理由は簡単で、得意分野から生まれた商品やブランドは筋が良いから、話がわかりやすい。何を聞かれても余裕をもって答えられる。逆は無理が出る。起承転結がややもすれば強引だったり、回答がしどろもどろになったり。そもそもメッセージを発すること自体に慣れていない企業もある。企業というより、トップの意思といったほうがいいだろうか。社長は広告塔と割り切った人物なら良いが、もともと人前に出たがらない人もいる。厄介なのは、世間へのアピールに積極的なのかそうでないのか、スタンスがはっきりしないケースだ。

プレスリリースがうまくはまると、宣伝よりもはるかに効果が出る場合もある。広報にかかる費用は宣伝に比べると微々たるものだから、事業側はできるだけメディアに取り上げてもらおうと社内で働きかける。しかし、あまりに唐突なものはメディアに取り上げられない。定期的に新商品を出せる業種ならまだ良いが、用地の買収次第ともいえるデベロッパーはタイミングやニュースの背景づくりが難しい。だからなおさら企業の個性が出てしまう。

 

 

-News トピックス, モデル見学・竣工内覧会
-, , , , , ,