住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス ブログ

タワーマンションの頂点

タワーマンションの比較は、中低層のマンションにくらべれば、客観性の高いランク付けができそうな気がする。所在地や駅からの距離や隣接地の状態や街並みといった立地に紐付く条件よりも、高さや共用のグレードや眺望や住空間など建物に起因する条件で優劣が決まるからである。

簡単に言えばこうだ。「虎ノ門と赤坂で、どちらが住まいに適しているか」を客観的に比較することは難しいが、「天井の高さや間口の広さでどちらが快適に過ごせそうか」を比べることは容易にできるだろう。また都心のタワーはたいてい駅に近いため、その「わずかな分数の違いで強引に白黒をつける」よりも、ロビーのしつらえや付帯施設の充実度で「スケールメリットはどちらが発揮できているか」を決する方がたやすい。

そこで、この10年を俯瞰して、群を抜くタワーマンションを選び、ある雑誌で紹介していこうと思う。タワーとして良い、といってもたぶん伝わりづらいと思うので、ある1点に絞って評価する。その1点とは“間取り”である。明日、その第1弾が発売になる。都心のタワーマンションの頂点にあるのはどれか。反響が楽しみだ。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス, ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,