住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス

ザ・パークハウス グラン 南青山高樹町

2014/02/02

本日、ザ・パークハウス南青山ギャラリーにて「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」の記者発表会が行われた。プログラムは、三菱地所レジデンス取締役社長の八木橋氏より挨拶と「ザ・パークハウスグラン」についての説明があり、その後「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」と「ザ・パークハウスグラン三番町」の物件概要ならびに設計上の特徴をそれぞれの所長と設計担当が説明。次に「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」のシアター、ジオラマ、模型、モデルルームを見学したのち、質疑応答を経て、取締役副社長の瀬川氏が締めの挨拶をした。

質疑応答では、高止まりしている土地代や上昇の懸念がある建築コストにいかに対処しているのか、また消費税増税を控えた影響、そして物件の価格や反響状況などが問われた。価格は2物件とも未定とのことである。

「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」のポイントをひとつだけ取り上げるとすると、「高いプライバシー性」ということになるらしい。鉄筋コンクリート造7階建て総戸数86戸に対し、エレベーターは8基。このマンションは2棟構成である。間口の広い南に開いた長方形で良い地形だが、南側の棟と北側の棟に分かれてしまった。南は7階建のラーメン構造、北は4階建ての壁式構造である。条件面で有利な南の棟は、ほとんどが2戸一EVの、しかもそれは両サイドにドアがあって左右に出入りが分かれるために、「1戸に1基の感覚でご利用いただけます」という説明(画像参照)。つまり、EVを出たスペース(玄関扉までのアプローチ)がバルコニーのように専用利用の共用部となる。

駐車場は70台。専有面積は79.37㎡~164.41㎡。設計は三菱地所設計。施工は鹿島建設である。竣工は2014年1月の予定。

2014.02.02追記<当物件のトラブルに関する記事はこちらの記事にて>

2014年に買える【注目のマンションリスト】

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス
-, , , , , , , , , , ,