News トピックス ハウスメーカー ブランド 経営者の思い

アキュラホームの沿革

投稿日:

アキュラホームの沿革を創業者の視点でまとめた本。執筆はノンフィクション作家。序盤の大工道具の説明に引き込まれてしまった。アキュラホームの社長が入社式で鉋を見せるのはそういうことなのか、と。工務店が不得意とする見積作業をシステム化したことで匠の継承の一助に。職人を目指しながら、自らは大工になれなかった社長の夢。アキュラシステムが普及した背景には3度も経営危機を迎えながらブレない創業時の志があった。

「『もの作りの心』などというと、古めかしい言葉に思われるかもしれません。しかし、今も昔も、日本人の家づくりにおいて最も大切なものがそれです。戸建て住宅だろうが、マンションだろうが、建築のプロでマイスター(技能職人)である職人たちが決して失ってはならないのが『もの作りの心』なんです」と宮沢俊哉、アキュラホームの創業者。

2冊とも面白かったなあ。業界の構造的な課題も理解できた。

-News トピックス, ハウスメーカー, ブランド, 経営者の思い
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 住宅ブランドの実際 , 2019 All Rights Reserved.