アラサー女子 資産形成

もし彼がNISA口座も持っていないとしたら…

2017/09/06

50代夫婦。この世代は昭和のバブルを「社会人」で経験している。「インフレの勢い」や「不動産・株の値上がり」といった経済の動きを実際に体験しているのだ。ミニバブルとアベノミクスを入れれば、都合3回。なので、夫は株式投資や不動産を買うときの立地選定(つまり、投資に値するかどうかの「品定め」)を主導できる。そして何より肝心なことは、前提として現金を必要以上にそのままにしておくことは「インフレ下においては損している」感覚を身につけているのである。

妻は、教育費の積み立てをコツコツとしていた。利息がまだ高かったときに学資保険に入っていたので、貢献度は小さくない。結果として、お互いパートナーとかぶらずに一家として「分散型ポートフォリオを無意識に実践していた」ことになる。リスクとリターンの、ハイとローのバランスが良い。こうした役割分担の実例は意外と多いのではないだろうか。

イメージフォト

アラサー女子の視点で見たとき、上記状況と大きく異なることがふたつある。ひとつは少子高齢化による漠然とした将来不安。もうひとつは超低金利だ。

結婚観にも大いに影響される。「もしかしたら結婚しないかもしれない」という不確実な要素は、将来の「資産形成はあらかじめ自分で考えておかなくてはならないテーマ」にならざるを得ない。仮にパートナーがいても同性代ならば、自分と同じ「デフレしか知らない」から、リスクをとるというアイデアが生まれにくい。アラサーになれば、ある程度の貯蓄もあるだろう。だからこそ、もし彼氏がNISA口座も作っていないとしたら資産形成の観点でみたときに「頼れるパートナーかどうか」は注意が要るかもしれない。なぜなら、NISAは税制優遇の恩恵が多大で「使わない手はない」有効な手段だから。

もちろん、本来資産形成は自分自身で考えるべきもの。意外と「自分に合った専門紙」や身近に「アドバイザーが少ない」。それは昨日の記事で書いた通りだ。

続く

【関連記事】
「NISA口座」質問で何がわかる?

 

-アラサー女子 資産形成
-