News トピックス

「発想の源」と「引き出しの数」

「人は自分が見たもの以上のことはできない」(大和ハウス工業 マンション事業担当 高井基次常務執行役員)牧田氏の記事「2月24日プレミアムフライデー 大和ハウス役員は「仕事」派が優勢」より引用。

「パークハウス」の頃から高額物件のインテリアを数多く扱ってきた茂木氏(メックデザインインターナショナル)は、ラグジュアリーブランドショップが参考になるという。感度が高いからだそうだ。高級マンションに学ぶ優雅な空間の作り方より。

昨日公開の記事「高級住宅に相応しいインテリアコーディネートのヒント」では、I氏の引き出しの数がとても多いのだろうなと思った。

インテリアコーディネーターが分譲マンションのエントランスやロビーの内装を担当するケースは以前はもう少しあったように思う。本当は、もっと前の段階から携わることができれば、居心地の良さという点で質の高いマンション空間が増えそうな気がする。

 

-News トピックス
-