住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

中古マンション

「中古マンション市場の違い」23区と神奈川県

2017/11/02

下掲グラフは、上が<中古マンション>23区地区別「成約単価(左)」と同「在庫単価(右)」、下が同神奈川県地区別「成約単価(左)」「在庫単価(右)」である。東日本不動産流通機構発表

23区は、左右のグラフトレンドや距離感は概ね似ている(強いていえば2010年から2012年にかけて、城南地区と城西地区の成約が近づくところ)。成約より在庫が上目に推移している点は、指値が慣習の一部でもある流通市場の特徴をあらわしているともいえる。

一方、神奈川県は在庫よりも成約単価のほうが高い。これは、マーケットに出ている物件の中の好立地や築浅など質の高いものが選ばれていると推察できる。また、湘南地区のみ在庫の最高値がアベノミクス前の「2008年6月(36.06万円/m2)」である。さらに、相模原市が湘南地区に成約単価のみ2011年を境に重なり始めている。

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-中古マンション
-,