住宅ブランドの実際

マンション市況を知る

News トピックス

「三井の住まいモール」第3号店(武蔵小杉)出店決定

住まいモール3号店「武蔵小杉」

住まいモール3号店「武蔵小杉」

住宅系列グループ各社が一同に集まる「三井の住まいモール」が、目黒、横浜に続き、武蔵小杉に第3号店を出店する。開業は2014年4月予定。「三井の住まい」モールは、新築分譲(三井不動産レジデンシャル)に限らず、中古仲介(三井のリハウス)、リフォーム(三井のリフォーム)、注文住宅(三井ホーム)など三井不動産の住宅関連会社がワンストップでさまざまな顧客ニーズに応える店舗サービスだ。

■住 所 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1302番(以下、位置図参照)
■交 通 東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅徒歩1分、JR横須賀線・南武線「武蔵小杉」駅徒歩4分
■出店会社 三井不動産レジデンシャル、三井不動産リアルティ、三井ホーム、 三井不動産リフォーム
■店舗面積 約125坪 (店舗構成) ・三井のすまいモール総合デスク ・グループ各社の営業店舗 ・すまいとくらしの体感コーナー
■オープン 2014年4月中旬予定

目黒に1号店、横浜に2号店を出店する「三井の住まいモール」は、累計で約7,000組みが来場。住まいモールには、住まいと暮らしにおける様々な「気づき」を体感できる「すまいとくらしの体感コーナー」、「リフォームモデルルーム(横浜店)」等で構成されている。3号店目として展開予定の武蔵小杉では、駅前再開発地区に三井不動産レジデンシャルが3棟のタワーマンション(総戸数1,943戸*)を分譲済。*「パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」506戸、「ミッドスカイタワー」794戸、「ステーションフォレストタワー」643戸。

今回のリリースに合わせて、三井不動産は、三井のマンション購入者を中心に構成する特典付き会員制組織「住まいのループ」が入会員10万人を突破したと発表している。

 

【関連記事】
中古マンション在庫「都心減少」「城東増加」
年末にかけ「億ション」市場活況に

-News トピックス
-, ,