News トピックス マンション モデル見学・竣工内覧会

「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」記者内覧会

更新日:

本日、三菱地所が開発を進めてきた大型賃貸マンション「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」の記者内覧会が開かれた。冒頭、同社代表取締役副社長飯塚氏(上左画像:右から2番目)より挨拶があり、その後賃貸住宅事業部副長の大野氏(同3番目)より物件のセールスポイントがガイダンスされた。隣接のオフィスと合わせると、3.6haの広大な面積を誇ること、総戸数が761戸と都内最大級のスケールであること、さまざまな共用施設・サービスを用意したこと、そして8割が10~30万円台の比較的手の届きやすい賃料におさえられていること。以上4点がセールスポイントである。

入居を考える人にとって、もっとも魅力的と思われるのは共用施設とサービスだろう。まず、駐車場にはバレーパーキングサービスと月に1回の洗車サービスが付く(上右:パーキング待合室)。駐車場料金は42,000円・48,000円。32階にはクラブラウンジ(下左)と屋外テラス。テラスは一番眺めの良い西新宿の超高層ビル群の正面に。ラウンジのガラスは宙に浮くような感覚が楽しめるように傾斜を設けた独特の空間である。

ジムはランニングマシンを見晴らしの良い窓側に置き、上半身の筋力を鍛えるマシンは階をかえ数種類用意。すべてライフフィットネス社で統一している。ゴルフシュミレーションルームはアンジュレーションもかわり、カラオケルームとしても使える。こちらは1時間2,000円。スパとプール(下中)も用意した。プールはトレーニングにはさほど効果的ではないかもしれないが、見える景色は最高。空中を泳いでいるような錯覚になるのでは。天井も一部ガラスなので、昼間も気持ち良さそうだ。監視員も付くので安心。

敷地には、恵那石という木曽方面の珍しい石を水盤とともに配置し、面積の大きさを十分生かした景観を形作っている。その優雅な中庭を眺める場所にミーティングルーム(下右)を2室。天井も高く、一般的なオフィスよりもよほど立派な会議室に仕上がっていた。

このマンションではたくさんのなかから住戸を選択しやすいようにipadを活用した物件紹介を行なっている。全十戸の眺望写真を撮り、すぐに見れるので大変便利だ。物件紹介の動画(デモンストレーション1分57秒)はこちら

パークハビオシリーズは2004年から首都圏で展開し、現在は2100室を超える規模となる。現在の平均稼働率は95%だそうだ。「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」は来月から募集をはじめ、2013年3月までの15ヶ月間で満室にする計画だという。グロスを聞くと高いとは思わないが、単価(@1.6万円強)は決してリーズナブルな印象ではない。
【PR】風水でお部屋診断

-News トピックス, マンション, モデル見学・竣工内覧会
-, , , , , , , , ,

Copyright© 高級マンション ブログ , 2018 All Rights Reserved.