資産価値のある【未来のヴィンテージ】

高級マンション ブログ

News トピックス ハウスメーカー

「くらしノベーションフォーラム」団塊親子の今後

投稿日:

「くらしノベーションフォーラム」は、旭化成ホームズの社内組織「くらしノベーション研究所」と同社広報部が主催するマスコミ向け勉強会である。年間3~4回程度実施している。今日は第8回目である。テーマは「団塊親子の今後」。講師は「下流社会」著書の三浦展氏。内容は、夏出版予定の著書に書かれていることなので、それまでは公開しないでもらいたいということだった。講演は予定を15分程度オーバーして終了した。

その後、くらしノベーション研究所の入澤さんから「熟年夫婦と未婚の子世帯のくらしとすまい」と題した報告が15分。熟年夫婦と一緒に暮らす子どもと別所して暮らす子どもの住まいについて、それぞれの当事者の感覚を数字で見比べている。母親は、父親や子ども本人よりも、本当は子どもが巣立って別居した方が望ましいとする値が高いにも関わらず、「同居に満足」している数値ももっとも高い。

つまり、大人の三人暮らしが現実として増えており、当事者間の満足度も高いのであれば、いまこそ安心した住まいを子どものためにも残そうではないか、という提案である。ライフスタイルの変化の一端を捉え、いままでにない切り口を提示する。同社らしい発想だ。ただ、ひとりの親として冷静に考えてみた場合、そこで居心地の良い先進的な新築住宅を作ってしまうことは、子どもの独立の可能性を極端に下げてしまうことになりかねないか、と思った。ただ、それはあまりにステレオタイプ的な発想であるとも同時に思う。いずれにしても、それがどう商品企画に落とし込まれるのか。とても興味がある。

第四の消費/著書・三浦 展(みうらあつし)

-News トピックス, ハウスメーカー
-, , , , , , , ,

Copyright© 高級マンション ブログ , 2018 All Rights Reserved.